S2000アクリル幌車ガラス幌張替

1.  ノーマル時の写真
 
2.  発売されてから既に15年を過ぎて、リアスクリーンが傷つき、視界が悪くなったり、また長年の月日での経年劣化により、スクリーン自体が硬化し寒い時期の開閉で割れてしまった事例も多くなってきました。時そんな時「幌の張り替え修理をするならM/C後のガラススクリーン幌に張り替えてしまいたい」と言うM/C前車オーナーも多いと思います。
 しかし、マイナーチェンジにより、現行車はリアスクリーンが待望のガラスに変更され、しかもカラー色(ブルー)が追加されたのは皆さんご承知の通りです、前期型と後期型では幌フレーム形状と作動の仕方が異なるので、幌のみでの張り替えはできず、フレームごとの交換となり、大変な出費となりM/C後のガラス幌への張替えを諦めたオーナーも居られるでしょう。

 弊社では、長年オープンカーを手掛けてきた経験を生かし、前期型の幌フレームを改良し、M/C後のガラス幌に張り替えて後期型と同様の作動、幌の張り、使い勝手、を可能にしました。
 弊社の方式は幌及びフレーム交換に比べると大幅にコストを抑える事ができ、既に200台以上の張替え実績があります。

 新型幌張り替えは、工賃込みで¥186,000.−(税別)
 熱線取り付けの場合、+24,000.−(税別)
となります。

※純正6連装CD(後部センターコンソール部に装着)装着車は¥6,000UPとなります
※無限ガラス幌対応ロールバー以外の装着車は張替え不可となります。
※幌張替え時のウエザーストリップモール交換は  ¥22,000UP
※幌張替え時のレインレール交換は          ¥16,000UP

※作業時間約6時間
※要予約(TEL又はE-mail)
※幌2色有り(ブラック、ブルー)
作業申し込み、お問い合わせは

(078−935−2661)若しくはinfo@integral-kobe.co.jp
 
3.  完成後の写真完成後の幌オープン時のビデオ画像はこちら